看板のご相談はこちらまで

電話番号0480-28-4113

受付時間9:00〜18:00(土日祝を除く)

お見積もりお問い合わせボタンお問合せ

LEDチャンネル文字(箱文字)の種類と特徴

箱文字や立体文字とも呼ばれるチャンネル文字。金属の質感が高級感を演出しLEDバックライトチャンネルなどのライティングが効果的に店名・ブランド名をアピールします。

バックライトチャンネル文字

説明Description

チャンネル文字は薄い金属を折り曲げて作る箱状の看板です。素材はステンレス・亜鉛・樹脂などが使われます。
内側にLEDライトを仕込んで前面・側面・背面から発光させることができます。
耐久性があるため長期的に使用することができます。
他の看板に比べて価格は高くなってしまいますが、高級感や存在感を醸し出すことのできる人気のサインです。

※チャンネル文字のみのご注文は承ることができません。必ず施工とセットとなります。

種類Type

正面発光(フチなし)ステンレス等

フチのない正面発光のチャンネル文字

正面アクリル部分が発光するため視認性が高く、夜間でもはっきりと文字を浮き上がらせることができます。アクリルにシートを貼りご希望の色に発光させることが可能です。

正面発光(フチあり)ステンレス等

フチのある正面発光のチャンネル文字

縁で正面のアクリル板を押さえながら取り付けるため強度を保つことができます。大型のチャンネル文字の製作に適しています。

背面発光ステンレス等

背面発光のバックライトチャンネル

背面が発光することで文字やロゴマークが浮き上がるチャンネル文字です。バックライトチャンネルとも言われます。

両面発光ステンレス・樹脂

両面発光のチャンネル文字

正面と背面の両方から発光します。正面は視認性がよく、背面は壁に当たった光で浮遊感が出ます。

側面発光樹脂のみ

樹脂側面発光のチャンネル文字

樹脂で作られた側面が発光します。チャンネル文字の厚みが強調されるため、より立体感を感じます。

照明なしステンレス等

箱文字(照明なし)

LED照明を組み込まないチャンネル文字です。

構造Structure

正面発光(フチなし)

正面発光フチなしのチャンネル文字の構造

正面発光(フチあり)

正面発光フチありのチャンネル文字の構造

背面発光

バックライトチャンネルの構造

両面発光

両面発光のチャンネル文字の構造

側面発光

側面発光のチャンネル文字の構造

照明なし

照明のないスタンダードなチャンネル文字

素材と加工Surface

ヘアライン仕上げのチャンネル文字

ヘアライン仕上げ

鏡面仕上げのチャンネル文字

鏡面仕上げ

塗装仕上げのチャンネル文字

塗装仕上げ

樹脂のチャンネル文字

樹脂チャンネル文字

設置Installation

LEDモジュールを取り付けられたチャンネル文字1

チャンネル文字の内側にLEDモジュールを取り付ける。

壁にドリルで穴を開ける2

設置する壁に原寸の図面を貼り、ドリルで穴を開けていく。

チャンネル文字を設置しLEDの配線をします3

ボルトを差し込みチャンネル文字を設置。目立たないように配線をします。

価格比較Price Comparison

参考価格:400角1文字あたり

チャンネル文字の価格比較
注意事項
  • チャンネル文字のみのご注文は承ることができません。必ず施工とセットになります。
  • 原材料高騰により価格が変動することがあります。ご了承ください。
  • 複雑なデザインや小さすぎるものは製作できないことがあります。
  • 重量がありますので、設置箇所や壁面の素材によっては設置できません。

設置のサイズ感Size

チャンネル文字のサイズ感

お見積りご希望の際は下記をご用意ください

  • 設置箇所の住所・屋内屋外か・設置箇所の画像や資料
  • 設置する壁面の素材や厚み(わかる範囲でけっこうです)
  • 製作予定の文言・イメージ画像
  • 製作予定のチャンネル文字の仕様、サイズ

施工対応エリア

Area

グローアップの施工対応エリア

グローアップでは埼玉県と東京都を中心に、千葉・栃木・群馬・茨城・神奈川の一部の地域を施工エリアとさせていただいております。

看板のことなら、グローアップにご相談下さい。ベテランの職人・スタッフが親身に対応させていただきます。

一部の地域につきましては、現地調査費が発生することがございます。くわしくは担当者までご相談ください。