看板のご相談はこちらまで

電話番号0480-28-4113

受付時間9:00〜18:00(土日祝を除く)

求人情報求人情報お見積もりお問い合わせボタンお問合せ

チャンネル文字(金属箱文字)

箱文字や立体文字とも呼ばれるチャンネル文字。視認性がよくオシャレで高級感があります。人気の看板です。

バックライトチャンネル文字

説明Description

チャンネル文字は薄い金属を折り曲げて作る箱状の看板です。素材はステンレス・真鍮・銅・亜鉛などが使われます。
内側にLEDライトを仕込んで前面・側面・背面から発光させることができます。
コストはかかりますが高級感や存在感を醸し出すことのできる人気の看板です。

種類Type

正面発光(縁なし)

縁のない正面発光のチャンネル文字

正面アクリル部分が発光するチャンネル文字です。視認性が高くはっきりと文字を浮き上がらせることができます。アクリルにシートを貼りご希望の色に発光させることが可能です。

正面発光(縁あり)

縁のある正面発光のチャンネル文字

縁のあるチャンネル文字です。縁で正面のアクリル板を押さえながら取り付けるため強度を保てます。大型のチャンネル文字の製作に適しています。

背面発光

背面発光のバックライトチャンネル

背面が発光することで文字やロゴマークが浮き上がるチャンネル文字です。雰囲気のあるチャンネル文字になります。

両面発光

両面発光のチャンネル文字

正面と背面の両方から発光するチャンネル文字です。正面は視認性がよく、背面は壁に当たった光で浮遊感が出ます。

側面発光

側面発光のチャンネル文字

アクリルで作られた側面が発光するチャンネル文字です。チャンネル文字の厚みが強調されるため立体感を感じます。

光源なし

光源のないチャンネル文字

LEDを組み込まないチャンネル文字です。

設置Installation

LEDモジュールを取り付けられたチャンネル文字1

チャンネル文字の内側にLEDモジュールを取り付ける。

壁にドリルで穴を開ける2

設置する壁に原寸の図面を貼り、ドリルで穴を開けていく。

チャンネル文字を設置しLEDの配線をします3

ボルトを差し込みチャンネル文字を設置。目立たないように配線をします。

構造Structure

正面発光(縁なし)

正面発光フチなしのチャンネル文字の構造

正面発光(縁あり)

正面発光フチありのチャンネル文字の構造

背面発光(バックライトチャンネル)

バックライトチャンネルの構造

両面発光

両面発光のチャンネル文字の構造

側面発光

側面発光のチャンネル文字の構造

LEDなし

LEDのないスタンダードなチャンネル文字

表面仕上げSurface

ステンレスの表面仕上げ

ヘアライン仕上げのチャンネル文字

ヘアライン仕上げ

鏡面仕上げのチャンネル文字

鏡面仕上げ

塗装仕上げのチャンネル文字

塗装仕上げ

材質Material

ステンレス
錆びにくく耐食性がある。強度、加工性、耐熱性に優れた素材です。
銅、真鍮
耐食性、加工性が高い。黒っぽく酸化しやすいが渋い風合を出すことができます。
亜鉛メッキ鋼板
亜鉛メッキ処理をしているため錆びや腐食に強い。ステンレスより軽量なため大型のチャンネル文字に適しています。

注意Notes

  • 大型のチャンネル文字は重量がありますので、壁面の素材によっては設置できません。
  • 細かいラインや文字幅が狭いものは製作できないことがあります。
  • データ入稿の際はデータ制作上の注意点をよくご確認ください。

施工対応エリア

Area

グローアップの施工対応エリア

グローアップでは埼玉県と東京都を中心に、千葉・栃木・群馬・茨城・神奈川の一部の地域を施工エリアとさせていただいております。

看板のことなら、グローアップにご相談下さい。ベテランの職人・スタッフが親身に対応させていただきます。

一部の地域につきましては、現地調査費が発生することがございます。くわしくは担当者までご相談ください。